忍者ブログ
MoEのBlogかもしれない。 何年も崩れたままのレイアウト直さずメモ帳化中
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PowerBuilderの組み込みSQLでストアドプロシージャからカーソルをfetchする場合、PLSQLのOUTパラメータに定義した順にFETCHする。
カーソルのfetchが終わった場合、SQLCA.SQLCODE=100となる。
カーソルの後にOUTパラメータ(変数・カーソル等)が存在する場合、カーソルのfetchが終了(SQLCA.SQLCODE=100)した後にfetchすれば取得できる。

※ストアドファンクションで戻り値がカーソルの場合、最初にカーソル、次にOUTパラメータのものが設定されるらしい。未確認
PR
datawindowのオブジェクトにフォーカスを当てるには、setColumnしてからsetFocusする必要あがる。


idx:データウィンドウの行番号

datawindow.setRow(idx)   //1行しかない場合は不要
datawindow.setColumn("フォーカスを設定するカラム名")
datawindow.setFocus()



計算カラムに計算式を指定
getrow() - first(getrow() for group 1) + 1

http://www.programmer-club.com.tw/ShowSameTitleN/pb/959.html


たまには・・ね・・。
わすれないようにメモ

画面に表示しないでデータだけを保持するdatawindowをプログラムで使用する場合、通常はdatastoreを使用する。
データの設定、取得は通常のdatawindowと大体同じ。
datastore ds
ds = create datastore
ds.DataObject = "<datawindow name>"
ds.setTransObject(SQLCA)
ds.retrieve()

そうでなくてdatawindowを動的に生成したい場合、OpenUserObjectを使用しないといかん。
datawindow dw
dw = create datawindow
OpenUserObject(dw) //ココを忘れない!忘れるとsettransobject等したときにエラーになる
dw.DataObject = "<datawindow name>"
dw.setTransObject(SQLCA)
dw.retrieve()


------------------------------------------------------------------------------
PowerBuilderなんて・・なんて・・・><
SQL直接かけるからテケトーに作るには楽ちんなんだけど・・。


カレンダー
09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
自己紹介:
ビァ(*>ω<)=3
E鯖Bisque所属
リンク
最新コメント
by ばっち(03/30)
by sakuya(03/29)
by そ(01/16)
by 通行人RW(06/20)
by ばっち(09/09)
最新トラックバック
ブログ内検索
copyright
(C)HUDSON SOFT ALL RIGHTS RESERVED. 株式会社ハドソンの著作権を侵害する行為は禁止されています。
バーコード
◆ Powered by Ninja Blog ◆ template by カニコ
忍者ブログ [PR]